公法判例研究会

東北大学公法判例研究会は、研究者、実務家、大学院生から成る判例研究会です。原則として、毎月第三土曜日の午後1時半から、公法(憲法、行政法、租税法)に関する判決を2つ取り上げて、研究会を行っています。

直近の研究会

日時 2018年 6月 30 日( 土)14:30 ~
場所 東北大学 片平キャンパス エクステンション教育研究棟 3階 301教室
(〒980-8577 宮城県仙台市青葉区片平  2丁目 1−1)
報告者 高村 学人 氏 (立命館大学 教授 )
報告内容 「過少利用時代からの入会権論再読 ―実証分析に向けた覚書 ―実証分析に向けた覚書 ――」

次回(夏期)の公法判例研究会

日時:7月21日(土)13:30~

会場:東北大学川内南キャンパス 法学研究科棟3階大会議室

(夏期研究会終了後、暑気払いを予定しております)

報告者:

御幸 聖樹 氏(横浜国立大学准教授)

和泉田 保一 氏(山形大学准教授)

公法判例研究会幹事:高橋 勇人 oboe_1208_oboe yahoo.co.jp